横浜市鶴見区のひまわり電気設備のホーム > スプリネックスミニCPW09

住宅用下方放出型自動消火装置 スプリネックスミニCPE09

 住宅用下方放出型自動消火装置 スプリネックスミニCPE09

火災による犠牲や被害を防ぐには初期消火が重要です。

スプリネックス・ミニは火災を即座に感知し自動で瞬時に消火を行うことで
初期消火に大きな威力を発揮します。

火災に気づきにくい就寝中や素早い非難が困難な高齢の方も安心です。

ご家庭やグループホーム・福祉施設におすすめです。

・小さく軽いのでどなたでも素早く持ち運べる
・投げるだけなのでパニック状態でも使える
・消火能力が高い(避難路の確保にも効果的)
・人体・環境にも無害、後始末も簡単
・威圧感を与えない外観なので、リビングや
寝室などですぐ手に取れる場所に設置できる

 ●24時間365日いつでも監視

2種類の感知器で火災を確実に感知します。

・作動式スポット型感知器
周囲の温度上昇率が一定以上の率以上になったときに作動する感知器です

・定温式スポット型感知器
一局所の周囲温度が一定の温度以上になったときに作動する感知器です

 軽く小さい!誰でも運べる

女性や高齢者やお子様でも簡単に持ち運べます。
より早い時間で火元まで運ぶことができるので、より炎が小さいうちに消火活動を行えます。
新想定
電気製品以外の思わぬところからも、火が出ることがあります。地震による転倒や落下で、傷ついた「電気コード」。

電気が通った瞬間、コードがショートして、火花が出ます。近くに燃えやすいものがあった場合、火災につながる可能性が高いのです。

 停電時・地震も安心の電池式

10年間交換不要のリチウム電池を使用。電池式のため停電時も安心。放出口とは銅管接続なので地震の影響も受けにくく、さらに、消火装置ユニットから消火薬剤を噴射するので断水時も安心です。

 すばやい消火技術

2種類の感知器を使用することで火災を素早く感知。すぐさま消火装置が作動し、火災発生場所で一斉に消火薬剤を放射します。

お部屋が広くても大丈夫!

1組の感知器で本体3台まで接続できます。
これによって本体2台で9畳(16㎡)、3台で13.5畳(24㎡)まで対応可能です。

 人に優しい消火薬剤



消火薬剤は人体に安心の中性タイプの第三種浸潤剤等入り水を使用。鑑定基準に適合し、消火性能は水の約4倍。冷却効果・浸透性・再燃防止効果にも優れ、厳しい鑑定試験にも合格しています。(鑑剤第17~1号取得)

 省スペース設計

本体設置の床スペースは約20cm四方。置き場所をとらない省スペース設計です。

 電源工事不要簡単取り付け

本体の設置は壁にビスで4か所固定するだけ。配管と感知器を本体に接続して、ノズルと感知器、配管を固定し、プラスチックカバーをかぶせるだけでご使用いただけます。

 作動フロー

 

 仕様

 設置例

参照:モリタ宮田工業株式会社(http://www.moritamiyata.com/products/dev01/subdev01/eq-09.html)
消防署に導入開始

 消火剤の働き

火元近くに投げられたアンプルから消火液が飛び散ります。その際の水分蒸発作用によって燃焼物を冷やします。また、消火剤から発生するアンモニアガスが燃焼連鎖反応を抑制します。同時に、消火剤から発生する炭酸ガスが燃焼面への酸素を遮断します。
そのほかに燃焼物の発火点を上げて燃えにくくする成分も配合されており、 優れた再燃防止効果を発揮します。
このように投げ消すサット119エコは(可燃物を取り去る)以外のすべての 項目に対応しており、高い消火能力を発揮します。
※人体に影響はありません。
いざ地震が起こったとき、帰宅困難になったり、家屋倒壊の危険があり避難所での生活を強いられたり、火事が起きても地震による倒壊物で消防車が火災現場に到着できず延焼が広がったり・・・。様々な状況が想定されます。いつ起こるか分からない大地震に対し今から準備しておくなら大切な家族の思いが詰まった家を家財を守ることができるかもしれません。
横浜市では補助金が出る地域もあります。
http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/kanshin/