横浜市鶴見区のひまわり電気設備のホーム > マンション管理組合様向けサービス

マンション管理組合様向けサービス

 マンション管理組合様向けサービス

 年間維持費の見直しにまずはご相談

建物の資産価値を高めるには適切な保全と電気設備の更新は有効です

 特殊建築物等定期調査・検査報告制度とは

デパート、ホテル、病院など、不特定多数の人が利用する特殊建築物などは、老朽化や設備の不備などがあると、大きな事故や災害につながる恐れがあります。
 この制度は、適切な維持管理を行うことにより、そういった事故を未然に防ぐため、建物や設備を定期的に調査・検査し、報告していただく制度です。

 建築設備定期検査とは

共同住宅など、不特定多数の人が利用する特殊建築物等については、構造の老朽化、避難設備の不備、建築設備の作動不良などにより、大きな事故や災害が発生する恐れがあります。こうした事故等を未然に防ぎ建築物等の安全性や適法性を確保するために、建築基準法では専門の技術者(調査・検査資格者)により建築物等を定期的に調査・検査し、特定行政庁に報告することを求めています。
 
建築設備の定期検査
 上記の特殊建築物等について、建築設備(機械換気設備、排煙設備、非常用の照明装置及び給排水設備)を毎年、検査資格者(1級建築士等)が検査し特定行政庁に報告するものです。
 
現在の検査費を見直したいなど是非ご相談下さい
 
検査不適合箇所(不良箇所)の改修も電気店ならではのリーズナブルな価格でご対応できます

 LED照明リニューアル工事

節電ブームで共用照明の間引きで対応されてる マンション様 せっかくの設備が台無しです
 
間引きしていても照明器具内部の部品に通電することによる消費電力、器具そのものが劣化して起きる漏電など、そのままにしておいても、良いことはございません。
 
まずは当店にご相談ください。
 
当店は小規模経営ならではの、リーズナブルな価格と、国土交通省認定 建築設備定期検査資格者 
を取得していますので、省電力だけでなく、災害時の安全性も考慮したご提案が出来ます。
 
LED照明工事は 信頼の出来る当店にお任せ下さい

 増圧給水ポンプの点検・修繕

※東京都給水条例施行規定(第8条の2)にて、1年以内毎に1回の定期点検が義務付けられています。
 
増圧給水ポンプは、配管内の圧力や水量に応じて運転しており、インバーターを使用した機種が主流です。
インバーターを各ポンプ毎に搭載し、漏電、ポンプ故障時等には自動的に待機中のポンプに切替えて運転を続けます。
起動や停止の正常な運転状態を常に維持するために、1年以内毎に1回定期点検を行うとともに、必要の都度、随時に保守点検・修繕を行わなければなりません。
 
価格はご相談下さい

 非常照明・誘導灯の交換・メンテナンス

非常灯・誘導等の適正交換時期は8-12年です。実際はそのまま何十年も使い続けている事がほとんどです。
非常灯・誘導灯は災害等の停電時に安全かつ速やかに避難誘導する為に欠かせないものです
いつ大震災が来てもおかしくない時代です。
築年数10年を経過している建物の管理組合様、ぜひ当店にご相談下さい

 インターホン工事

マンション用インターホンの故障修理・交換工事承けたまわります。
インターホンも寿命がきます。
10年~15年を目安に交換されては如何でしょうか。
小規模経営ならではのご納得価格でご対応させていただきます。