横浜市鶴見区のひまわり電気設備のホーム > 非常灯・誘導灯について

非常灯・誘導灯について

 非常灯・誘導灯 交換 メンテナンス

電気工事士と建築設備点検資格保有者の施工で安心!
←非常灯姉妹サイト新設しました

 非常灯は停電時に一定の照度を確保し、速やかに避難するために必要不可欠です!

設置から8~10年で寿命となります。
いつ来るかわからない災害に備え
定期的にメンテナンス・交換しましょう!
非常灯は建築基準法により正常な機能を有する義務があります。
もし火災がおき非常灯が正常に機能せず被害が出た場合
建物の所有者が責任を問われる場合があります。
・停電時、誘導灯・非常灯が点灯しないと大変危険です!
・誘導灯や非常灯は万一の停電時、バッテリーで点灯する仕組みになっています。?
・地震や火災等で、不意に停電が起きても、誘導灯や非常灯が点灯していれば速やかに避難することができます。?
・バッテリーの点検・交換は安全管理の重要なポイントで、避難時の安全を確保するために、誘導灯・非常灯は停電時点灯時間、点検、報告が法令により定められています。
誘導灯・非常灯のバッテリー寿命の目安は・・・ 4~6年です
非常灯・誘導灯のバッテリー交換も承っております。
適正交換時期を過ぎた器具は、万一の劣化によるトラブルを考慮して、早めの点検や交換をおすすめします。

 誘導灯・非常灯の交換の目安

器具本体は8~10年の交換が目安です
器具の種類 電池内蔵形 電源別置形 専用形
適正交換時期 8~10年 8~10年 8~10年
耐用の限度 12年 15年 15年
※専用形とは電池内蔵型器具で、常時消灯・非常時点灯の器具を指します。
(一社)日本照明器具工業会ガイド108-2003
非常灯の場合
評定・適合マークの種類により交換時期の目安がわかります。
評定・適合マーク 製造年月 対策
1970年~2001年5月 器具交換をおすすめ
2001年6月~2012年3月 定期点検をおすすめ
誘導灯の場合 認定マークの色で、交換時期の目安が分かります。
評定マークの色 製造年月 交換の緊急度 対策
1982年 4月 
~1989年 3月
耐用限度を超えておりますので、器具交換してください。
1989年 4月
 ~1996年 3月
1996年 4月 
~2002年 3月
念入りに点検し、不具合が見つかれば器具交換してください。
2001年 10月 
~2005年 8月
2005年 2月 
~2011年 3月
点検し、不具合が見つかれば部品交換、器具交換してください。
2011年 4月 ~

 交換部品の寿命と交換の目安

ランプの寿命
ランプの交換時期は、それぞれ使用するランプの点灯時間により判断する必要があります。
使用するランプの交換の目安は右の表によります。
注)24時間連続点灯の場合
使用するランプ 直管蛍光ランプ コンパクト形蛍光ランプ 冷陰極ランプ(誘導灯) LED光源(誘導灯)
交換時期の目安 1年~2年 約半年~1年 約3年~6年 約6年
(赤モニタが点滅します)
バッテリーの寿命 交換の目安4~6年
バッテリーには寿命があります。
点検時に規定の時間、非常点灯しないバッテリーは速やかに交換してください。
簡単点検の自動点検機能※
点検スイッチを一旦押すだけで、定格時間後のバッテリー容量を自動チェック。簡単かつ正確な点検が可能です。
※LED誘導灯は標準装備機能です。
詳細仕様は、各メーカーのカタログで確認をお願いします。
湯堂表示板の寿命 交換の目安6~10年
表示板は設置時と比較すると表示面が汚れて視認性が低下することがあります。適正なメンテナンスをおすすめします。
また、表示板は使用中に変色して劣化することがありますので、速やかな交換をお願いします。
←非常灯姉妹サイト新設しました