増圧ポンプ点検

 増圧ポンプ点検

現在の点検費用にご不満の方、一度お問い合わせください
※東京都給水条例施行規定(第8条の2)にて、1年以内毎に1回の定期点検が義務付けられています。

 増圧ポンプ点検

増圧ポンプ点検は各自治体の条例により年1回の点検が義務付けられています。
しかし、この点検は専用のテストキットを使用し、増圧ポンプの知識を必要とするため、通常の給水ポンプ点検員に比べ実施できる作業員が少ないのが現状です。
したがいまして、増圧ポンプ点検の費用は通常の給水点検より費用が高くなっています。
しかし、私共ではお客様の予算に応じて、ご納得の金額で対応いたします。

 増圧直結給水方式とは

給水管に増圧ポンプ、逆流防止用機器などから構成される増圧給水設備を取付け、受水タンクを通さずに直接中高層階のビルへ水を送る方法です。
東京都では平成7年以降、マンションや事務所ビルなど3階以上10階程度の建物に多く導入されています。
配水管へ直結しているため、水質の変化要因が少なく、貯水槽(受水槽・高置水槽)の清掃や保守点検などの維持管理費用が削減でき、省エネ、省スペース化が図れます。
一時的に水を多量に使用するホテル、デパートなどの大型ビルや災害時、断水時にもある程度給水の確保が必要な病院施設、学校などは貯水槽方式が必要になります。
増圧給水ポンプは、配管内の圧力や水量に応じて運転しており、インバーターを使用した機種が主流です。インバーターを各ポンプ毎に搭載し、漏電、ポンプ故障時等には自動的に待機中のポンプに切替えて運転を続けます。起動や停止の正常な運転状態を常に維持するために、1年以内毎に1回定期点検を行うとともに、必要の都度、随時に保守点検・修繕を行わなければなりません。

 点検項目

●逆流防止器・・・第1逆止弁、第2逆止弁、第2閉止弁、逃がし弁
●圧力タンクの封入圧の確認
●メカニカルシールの漏水の有無
●外部警報出力の確認(無電圧a接点)
●ポンプ運転電流値測定
●ポンプ絶縁抵抗値測定
●運転圧力、起動圧力、停止圧力の確認
●モーター部の確認
●制御部の確認

上記を基準に所定の報告書を作成いたします。

 点検例

↓トイレスイッチ↓
差圧測定
電源部清掃
電流測定
↓リビングスイッチ↓
機内データ確認
逃し弁テスト
圧力タンク封入圧力測定
↓脱衣所照明スイッチ・洗濯機コンセント↓
絶縁抵抗測定
外観点検
電気部コンタクトスプレーにて補修
マンション・工場等の停電時・災害時の給水対策に
バッテリー施工は蓄電池設備整備資格者のいる当店にお任せください!
災害や停電など、
もしもの場合に備えて蓄電池の導入もご検討ください。

サーモグラフィカメラ点検も承ります。