横浜市鶴見区のひまわり電気設備のホーム > 投げ消すサットSAT119

投げ消すサットSAT119エコ

 投げ消すサットSAT119エコ

参照:https://www.bonex.co.jp/product/sat119.html

・小さく軽いのでどなたでも素早く持ち運べる
・投げるだけなのでパニック状態でも使える
・消火能力が高い(避難路の確保にも効果的)
・人体・環境にも無害、後始末も簡単
・威圧感を与えない外観なので、リビングや
寝室などですぐ手に取れる場所に設置できる

 軽く小さい!誰でも運べる

女性や高齢者やお子様でも簡単に持ち運べます。
より早い時間で火元まで運ぶことができるので、より炎が小さいうちに消火活動を行えます。
新想定
電気製品以外の思わぬところからも、火が出ることがあります。地震による転倒や落下で、傷ついた「電気コード」。

電気が通った瞬間、コードがショートして、火花が出ます。近くに燃えやすいものがあった場合、火災につながる可能性が高いのです。

 投げるだけ!誰でも使える

カバーから取り出して火元へ向かって投げつけて使用します。一般消火器のようにピンを抜いたりレバーを握る必要はありません。アンプルが割れると熱によって消火薬剤から消火ガスが発生します。
水割り消火
バケツ1杯の水にアンプル1本を混ぜることにより消火薬剤の量を増やす事ができます。柄杓などで火元に振り掛ける事で、野外の広範囲火災に対応できます。
※水に混ぜた状態で長期保存はできません。

 消火剤の働き

火元近くに投げられたアンプルから消火液が飛び散ります。その際の水分蒸発作用によって燃焼物を冷やします。また、消火剤から発生するアンモニアガスが燃焼連鎖反応を抑制します。同時に、消火剤から発生する炭酸ガスが燃焼面への酸素を遮断します。
そのほかに燃焼物の発火点を上げて燃えにくくする成分も配合されており、 優れた再燃防止効果を発揮します。
このように投げ消すサット119エコは(可燃物を取り去る)以外のすべての 項目に対応しており、高い消火能力を発揮します。
※人体に影響はありません。

 消火薬剤の安全性

薬剤の安全性(環境に対する影響)
消火剤成分は弱アルカリ性で主な原料は国家検定によって食品添加物としても使用できると認定された安全な界面活性剤で構成されています。皮膚に直接触れても問題は起きにくい低毒性です。廃棄する場合そのまま下水に流すことができます。
使用時の安全性
投げ消すサット119エコは炭酸ガスとアンモニアガスを発生させて消火します。ガスは工場などで使用されている労働安全基準値を下回る数値でしか発生しません。よって人体に影響はありません。

 普通火災に有効

「投げ消すサット119エコ」は普通火災(木・紙・布の火災)の初期消火に有効です。
初期消火を超える火勢の火災においては完全に消火する事は困難ですが、火災を 完全に消火できない場合でも、投げつけた周辺の火勢は一時的に弱まりますので、その時に避難するという使用法も有効です。
※初期消火:炎の高さが天井に届く前までに行う消火活動、( 出火から3分間程度) また、次の状況には「投げ消すサット119エコ」を使用しないで下さい。
電気火災(C火災)において、まだ電気が流れている可能性のある火災。 主成分は水なので、感電もしくは機器がショートする恐れがあります。
油火災(B火災)ガソリンや鉱物油に火がついた火災。
天ぷら油による火災。
消火ガスが吹き飛ばされてしまう屋外の火災や、風通しの良い部屋の火災には効果が 低下する恐れがあります。その場合「水割り消火」で消火活動を行って下さい。

 設置例

消防署に導入開始

 消火剤の働き

火元近くに投げられたアンプルから消火液が飛び散ります。その際の水分蒸発作用によって燃焼物を冷やします。また、消火剤から発生するアンモニアガスが燃焼連鎖反応を抑制します。同時に、消火剤から発生する炭酸ガスが燃焼面への酸素を遮断します。
そのほかに燃焼物の発火点を上げて燃えにくくする成分も配合されており、 優れた再燃防止効果を発揮します。
このように投げ消すサット119エコは(可燃物を取り去る)以外のすべての 項目に対応しており、高い消火能力を発揮します。
※人体に影響はありません。
いざ地震が起こったとき、帰宅困難になったり、家屋倒壊の危険があり避難所での生活を強いられたり、火事が起きても地震による倒壊物で消防車が火災現場に到着できず延焼が広がったり・・・。様々な状況が想定されます。いつ起こるか分からない大地震に対し今から準備しておくなら大切な家族の思いが詰まった家を家財を守ることができるかもしれません。
横浜市では補助金が出る地域もあります。
http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/kanshin/